メニュー

美容

IPL 光治療(ノーリス)

ノーリスとは、光治療、IPLと言われる治療方法の機器です。
日本国内で初めて皮膚色素性疾患および血管病変のための光治療器として薬事承認された医療機器です。光が真皮にも到達し、コラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きを活性化させ、内側からキメの整ったふっくらハリのある肌に導きます。
血管病変のための光治療器としても優れており、ニキビ痕・小鼻周りや頬の毛細血管拡張症にも高い効果があります。エネルギー量を調節でき、患者様のそれぞれのお悩みに適した光の波長にすることで適当な効果があり、シミやそばかすなどの過剰なメラニン色素を穏やかに除去します。

 

Nordlys (ノーリス)って?

通常IPLで用いる400~1200nmの光のうち、950nm以上の波長は水によく反応するため、熱の発生によるやけどのリスクがあります。
一般的なIPL機器では、やけどが生じないよう照射部位に冷却機構が備わっているのですが、冷却により血管が収縮してしまい、血管に対する効果が弱まってしまう問題がありました。
ノーリスはハンドビース(お顔に当てる部分)にウォーターフィルターを搭載し、治療に必要ない上にやけどの原因となる950nm以上の波長をカットすることで、やけどのリスクと痛みの軽減を実現しました。
さらに冷却機構を排除したことでハンドピースが小さくなったので、精密な照射が可能になっています。
赤ら顔(毛細血管拡張、酒さ)や赤ほくろ(老人性血管腫)でお悩みの方、これまでのIPLで満足のいく結果が得られなかった方は、ぜひノーリスIPLをお選びください。

国内医療機器と認可している装置であり、下記3つの適用承認を得ている国内唯一のIPL装置

  1. 表在性皮膚良性色素性疾患の治療(しみ・そばかす)
  2. 皮膚良性血管病変における表在性毛細血管拡張症状の改善(赤ら顔など)
  3. 長期的な減毛(脱毛)

ノーリスの2つの照射モード VLとPR

ノーリスではハンドビースを交換することで、光の性質を変えることができます。
一般的にはVLを用います。ダウンタイムが非常に少なく、かつしっかりとした効果が得られます。
一方PRは、よりアグレッシブな治療を行いたい時に使用します。
頑固なシミや拡張血管を何とかしたい場合や、コラーゲン生成効果を期待してしっかりと熱を加えていきたい場合などに用います。
効果が強い分、赤みなどのダウンタイムがやや出やすいので、お客様とご相談の上で照射方法を選択していきます。

こんな方にオススメ

  • しみ、そばかすを改善したい
  • 肌のくすみが気になる
  • 赤ら顔を何とかしたい
  • にきびが気になる
  • にきび跡が気になる
  • 肌質を改善したい
  • 毛穴を何とかしたい
  • 化粧のりを良くしたい
  • ダウンタイムは短くしたい

当院の治療

ノーリスIPL 全顔

1回 16,500円

ノーリスIPL 手の甲

1回 11,000円

シミや赤みなどの肌の悩みを改善、IPLとして皮膚色素性疾患に対する国内初の承認器Nordlys (ノーリス®)について

IPL、光治療機はレーザーとならぶ機器を用いた美容治療の代表的なものであり、主に皮の若返り(リジュビネーション)、日体的にはシミやそばかす、くすみ、毛穴の開き、前のハリ・ツヤ感アップなどを目的。

IPLの適応症例

承認器と未承認器~厚労省のお墨付き~

美容クリニックが使用する医療機器は、

  • 厚労省からの承認を受けた器械:承認器
  • 厚労省からの承認を受けていない機器:未承認器

このようなお悩みはありませんか?

  • しみ・そばかす
  • 顔の赤み
  • 毛穴・ハリ
  • にきび・にきび跡

このようなお悩みは「ノーリス」という治療機器を使う光治療がおススメです。

ノーリス光治療とは

  • 特徴1:一度に複数の症状へ働きかけることができる。
  • 特徴2:ダウンタイムがほとんどない。
  • 特徴3:治療後の炎症後色素沈着の可能性が低い。

ノーリス光治療とは、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれるカメラのフラッシュランプのような幅広い波長の光エネルギーを使った治療です。しみ・そばかすの原因であるメラニン色素や、赤ら顔の原因であるヘモグロピンなどに反応し、今まであきらめていた様々な肌トラブルを同時に改善します。さらにコラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きを活性化させるため、内側からキメの整ったハリのある素肌に導きます。

ノーリスは、安全性で低的な光治療装置の分野で世界をリードするエスプリ社が開発した、次世代の治療器です。波長域を広く照射する12PLと呼ばれる次世代型IPL(Intense Pulsed Light)は、不必要な波長をカットし理想的なエネルギーで切れ味の良い短いパルス幅の照射を行うことができます。

ノーリス光治療の施術頻度・回数の目安

おススメの治療回数:5回程度

治療は、一度ではなく、何度か続けて治療を受けていただくことにより、改善効果が期待できます。皮のターンオーバーに合わせ、5回程度の治療を受けていただくのが目安です。

おススメの治療類度:4週間(1回)

間隔については、お肌のお悩みをお伺いしながら、医師・看護師・スタッフの診察・カウンセリングに基づいて最適なスケジュールをご提案いたします。

施術の流れ

Step1 カウンセリング(診察)

肌の悩みを詳しくお聞かせいただき、最適な治療方法をご案内します。その後、お会計。

Step2 洗顔

メイクを落としていただきます。
※スムーズに施術を行うために、自宅でメイクを落としてから来院していただくことをお願いしています。
※メイク落とし、化粧水、乳液、日焼け止めはクリニックに用意してあります。ご自由にお使い下さい。

Step3 施術

ジェルを塗布し、照射します。ほとんど痛みを感じない方が多いようがですが、「パチン」とゴムで弾くような軽い痛みを感じる場合もあります。
※個人差があります。

Step4 アフターケア

施術後は少し熱感が残りますが、メイクをしてすぐにご帰宅いただけます。

美容料金表(ノーリスIPL光治療、医療脱毛)

初診料、再診料無料
(施術なしの方は初診料2,200円税込)
全て1回のみの料金です。

全て税込価格となっております。

IPL 美肌 ノーリス
全顔 16,500円
手の甲 11,000円
光脱毛
両脇 6,600円
口回りヒゲ 女性6,600円
男性22,000円
VIO 女性16,500円
男性22,000円

麻酔クリーム1本2,200円
上記部位以外の脱毛は行っておりません。
クレジットカードはVISA.MasterCardのみ可。

よくある質問

Q1) ノーリス光治療は何回くらい治療する必要がありますか?

A1) 患者様の肌質や症状などによって異なりますが、目安として5回程度の治療をお考えください。光治療は多くの場合、回数を重ねるほど効果が高くなります。

Q2) ノーリス光治療にダウンタイム(日常生活に復帰するまでの期間)はありますか?

A2) 実質的なダウンタイムはほとんどなく、すぐに普段の生活に戻ることができます。治療直後からメイクすることも可能です。体質や肌質によっては、照射部位が少し赤くなったり、日焼けの後のようなほてり感を伴うことがありますが、通常は数時間でおさまります。しみなどの色素性病変は、治療後に少し黒く浮き上がるように反応し、かさぶたのようになり1週間程度で剥がれ落ちます。

しみ・赤ら顔・ニキビ・ニキビ跡・毛穴の開きを総合的に改善。
最新型「I2PL」による次世代の光治療ノーリス

ノーリス(Nordlys)は、光治療機の分野で世界をリードする、デンマークのエリブス社が開発した次世代型の光治療マシンです。一般的な光治療のマシンではIPL (Intense PulsedLight)という波長の光エネルギーが使用されますが、エリブス社のノーリスでは、さらに広波長域へ照射することができる「12PL」という次世代型のIPLを搭載しています。
12PLは安全性や効果の面をより十分に検証している他、400nm以下と950nm以上の波長を遮断する構造のため、従来の1PLより傷みや肌への負担を抑えることができます。
さらにノーリスには、12LPの他にロングパルスYAGレーザーやフラクショナルレーザーなどのアプリケーターも付属されており、これらを使い分けることでしみ・色素沈着・赤ら顔・ニキビ・ニキビ跡の凸凹・毛穴の開きといった様々な症状の改善に効果を発揮することができます。
特にノーリスフラクショナルは、一般的なフラクショナルレーザーと比較すると赤み・れなどのダウンタイムが生じる期間が1、2日程度と短いため、フラクショナルレーザーによる毛穴・ニキビ跡の凸凹治療に興味はあるものの、ダウンタイムがあるため施術をあきらめていた方にお勧めです。

Nordyis(ノーリス)で出来る事。

1:シミ、ソバカス各種色素沈着
(炎症性アトピー性火傷性、日焼け後)

エリプスフレックスによって放出される光は、
その波長の長さによって、
それぞれ働きかける肌のトラブルが違ってきます。

美白、美肌化色クマ茶、黒ニキビ痕
a:メラニン色素が表皮に上がっていき剥がれて落ちます。
b:メラニン色を細かく分解して肌の深部(真皮)に沈んでいく
白血球(マクロファージ)が食して処理し、メラニン色素を減少させます。

2:しわ、タルミ、毛穴の開大、アンチエイジング、美肌化、ニキビ痕の凹凸の改

a:線維芽細を活性化して、線維芽細胞を増殖させます。

3:赤ら顔、末梢血管拡張症、赤ニキビ、血管クマ

a:拡張した毛細血管を縮小させ、その結果、血液流量が減少し赤みが目立たなくなる。
→血液中のヘモグロピンが光の熱を吸収し、その熱で血管の内径(壁)を熱変性させ血液の内径を減少さます。

4:顔の産毛の脱毛効果

メラニンがの存在する産毛に関しては、Permanent reductionが行われます。

Nordyls (ノーリス)の作用秩序、詳細

PIGMENT LESIONS
(しみ、そばかす、クスミなど色素性変化)

シミ・ソバカスは、乾燥や紫外線、炎症などの影響で皮膚にメラニン色素が沈着してできます。
ノーリスの光は、この余分なメラニン色素に働きかけ浮き上がらせます。
浮き上がった色は、数日後には皮店の代謝によりはがれ落ちますので、数回の照射で色が薄くなってきます。

VASCULAR LESIONS
(赤ら顔、血管腫など毛細血管拡張症)

赤ら顔は、顔の毛細血管が拡張した状態です。ノーリスの光を当てることによって、余分な血管を縮小させ、赤みを目立たなくすることができます。
数回の照射で赤みは引いてきます。

ニキビ痕の赤み

ニキビ痕の赤みや茶色あとはノーリスを照射すると赤(ヘモグロビン)茶(メラニン)に反応し、色調が改善します。またにきび自体も出来にくくなります。凹みに対してもノーリスを照射するとコラーゲン繊維がふえ少しずつ改善します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME